« セロトニン | トップページ | ドーパミン »

2006年7月27日 (木)

セロトニン2

セロトニン2


「あわれ彼女は娼婦」チケットゲット!!(^O^)明日でーす。


渋谷、新宿のチケット屋さん駆けずり回って、やっと一枚ありました。(^_^)v


蜷川作品には特別な想い出がある。


随分前の話しですが、文化村の6Fのル、シネマで映画(パトリスルコントの‘橋の上の娘’)を観終わり、下へ降りていくとコクーン前には大勢の人! なんだろぅ〜と、思い立ってると、


「すいません。お一人ですか?」


と、声を掛けられた。その女性の話しによると、一緒に観るはずだった友人が急遽仕事でドタキャンになったのでチケットが余っている。もう、開演するのでチケットはあげるので、一緒に観ませんか? という内容だった。


初めて観た蜷川作品「パンドラの鐘」でした。当時から人気だったので、チケットとりにくいはずの舞台。しかも、一階の真ん中辺りの、凄い良い座席。


せっかくのお誘いに、僕は お言葉に甘えたのでした。(^O^)

正直、随分前(多分7年前)なので、名前や顔は覚えていません。 もし、僕の事を覚えていて、偶然明日の観劇に来ていらしたら声を掛けて下さいね!

|

« セロトニン | トップページ | ドーパミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118321/2830878

この記事へのトラックバック一覧です: セロトニン2:

« セロトニン | トップページ | ドーパミン »